業務用アプリ開発します

 人手不足が深刻になってきた今日、御社は人手不足の影響を受け、業務が滞っていませんか。最近では従業員を採用することも年々難しくなり、仮に従業員を雇ったとしても教育に時間がかかり、人件費も発生することとなり簡単に決断できる問題ではありません。そこで当店は中小企業様を対象に人件費をそのままに、安価にプログラムを開発してご提供しております。

人手が足りないなら作業を効率化

 複雑に見える業務であっても、運用を細分化してみると一つ一つは定型的な作業となり、コンピュータに仕事を任せる可能性が見えてきます。単調な判断や計算等の作業はコンピュータの得意分野ですから時間のかかる作業ほど自動化による業務の改善が現れてきます。

一般的なシステム開発費用について

 コンピュータに仕事を行わせるにはプログラムを調達(用意)する必要があり、またプログラムを実行させるための環境も必要となりますが、当然その作業には費用が発生します。一般的にプログラムをシステム開発会社へ発注すると一人の開発者が約1ヶ月かけて開発したもので一般的に50万円から70万円程の開発費用を請求されることになり、また運用開始後も高額なランニングコストを支払うこととなり、業務の自動化はハードルが高いと感じることと思います。

サイドビジネスだからできること

 プログラム開発費や維持管理費は中小企業にとって大きな負担です。しかし大野屋は店長が一人で全ての作業を行うため他社と比べて大幅に開発費用を抑えることができます。

もちろん弱点もあります。

 御提案から開発、リリースそして保守まで私一人で行うこととなり一般的なシステム開発会社へ委託する場合より開発期間も多めに頂戴するため、この点が当店の一番大きな弱点とも言えます。しかし一人だからこそ、小回りが効かせることもできますので急な仕様変更であっても対応できます。

まずは御社のお悩みだけでも聞かせてください。

 どのような会社でも作業を効率化できる部分はあり、必ずお役に立てることがあると思います。システム開発に失敗した事、過去に中堅のシステム開発会社に高額請求された等の苦い経験をお持ちであれば当店がお役に立てると思います。

2019/10/02